四十九日お返し専門店
クレジット払い
お問合せ先
代金引換

四十九日お返し専門店 > 挨拶状・奉書

神道・キリスト教の追悼儀礼

神道

仏式の法要にあたる「霊祭」を行なう

神道の「霊祭」には、まず葬儀の翌日に墓前か自宅で行なう「翌日祭」がありますが、現在では省略されることがほとんどです。その後は、死後10日目ごとに、十日祭、二十日祭、三十日祭、四十日祭、五十日祭がありますが、四十日祭までは省略されることがあります。
五十日祭は忌明けとなる重要な霊祭です。仏教の四十九日の法事のように、神官を招き、近親者や友人・知人を招いて執り行います。



出産祝いのマナー

翌日には、「清祓いの儀」を行い、神棚にはってあった白紙をとり去ります。また、五十日祭後、百日祭までに、仮霊舎に祀ってあった故人の霊璽を、祖先の霊を祀る御霊舎に移す儀式「合祀祭」を行います。最近はこの合祀祭と清祓いの儀を五十日祭と合わせて行うことも多いようです。
五十日祭のあとには、忌明けの挨拶状とともに、玉串料のお返しを送ります。その後は100日目の百日祭があります。

祥月命日に行う「式年祭」。死後、満1年目が一年祭

百日祭以降は1年目の祥月命日に一年祭を行います。その後、三年祭、五年祭、十年祭と行い、十年祭後は10年ごとに五十年祭まで行い、次は百年祭となります。
一年祭、十年祭は規模の大きい祭式を行うことが多いようです。

祭式は墓前や自宅、斎場などに神官を招いて行う

霊祭は墓前や自宅、斎場などに近親者、友人・知人などを招き、神官を招いて行います。祭式のあとは、「直会」と呼ばれる酒席を設けて神官、参列者をもてなします。


キリスト教

カトリックでは教会で「追悼ミサ」を行う

カトリックでは、死亡した日から3日目、7日目、30日目などに、教会で「追悼ミサ」を行います。
追悼ミサには遺族、近親者、友人・知人が参列します。ミサのあとは教会の一室や自宅などで、茶話会などを開いて故人を偲びます。
これ以降は特に決まりはありませんが、毎年命日に死者記念のミサ、また、10年目や20年目という節目の年に盛大なミサを行うこともあります。
なお、11月は「死者の月」とされ、死者のためのミサや墓参りをします。11月2日は死者の記念日の「万霊節」で、死者のための特別なミサが行われます。

出産祝いのマナー

プロテスタントでは召天記念日に「記念式」を

プロテスタントでは、死後1ヶ月目の召天記念日(亡くなった日)に「記念式」を行います。場所は教会、墓前、自宅などで、牧師をはじめ、近親者や友人・知人を招いて行われます。
これ以後、決まった行事はありませんが、毎年、召天記念日に身内で故人の追悼を行います。死後1年目の命日に、記念式を行うこともあります。

 

神道・キリスト教の墓参り

神道

神道では祥月命日のほか、お盆や春秋のお彼岸に墓参りをします。墓地内をきれいにするのは仏式と変わりません。供え物は水、洗米、塩、お神酒のほか、故人の好物など。線香は供えず、榊を飾ります。墓前での礼拝は、まず深く礼をし、一度拍手を打ちます。それからまた、二礼二拍手一礼をします。この場合の拍手は音を立てます。

キリスト教

カトリックでは、故人の命日のほか、11月2日の「万霊節」に墓参りをします。プロテスタントでは決まりはありません。

お買い物について